会則


第1章 名称・事務局

第1条 本会は、日本定位・機能神経外科学会(The Japan Society for Stereotactic and Functional Neurosurgery)と称する。
第2条 本会の事務局を〒173-8610 東京都板橋区大谷口上町30-1 日本大学医学部脳神経外科学講座内に置く。

第2章 目的および事業

第3条 本会は、定位脳手術および機能神経外科に関する医学の進歩を促進し、広く知識の交流を行うことを目的とする。
第4条 本会は、その目的を達成するために次の事業を行う。
  1. 学術集会の開催
  2. 本会機関誌「機能的脳神経外科(Functional Neurosurgery)」の発行
  3. その他,前条の目的を達成するために必要な事業

第3章 会員

第5条 本会の会員は次の2種に分つ。
  1. 正会員
    正会員は、本会の目的に賛同し、その達成に協力する医師および研究者等をもって構成する。
  2. 名誉会員
    名誉会員は、本会のために特に功労のあった者とする。
第6条 本会に入会を希望するものは、所定の用紙に必要事項を記入し、理事の紹介をもって事務局に申し込むものとする。新入会員は、別に定める入会金を納入しなければならない。
第7条 正会員は、別に定める年会費を納入しなければならない。既納の会費はこれを返却しない。名誉会員は会費を免除する。
第8条 退会を希望するものは、その旨を事務局へ届け出る。2 年以上会費に未納がある場合には除名することができる。
第9条 会員は、学術集会に参加し研究発表を行い、機関誌「機能的脳神経外科」の配布を受ける。

第4章 役員とその任務

第10条 本会に次の役員をおく。
  • 会長:1名
  • 理事:若干名
  • 事務局担当:1名
第11条 会長は、第15条にある役員候補選出委員会で推薦され、理事会で承認されたのち、議事総会の承認を得るものとする。会長の任期は、学術集会終了時より次期学術集会までとする。
第12条 会長は、学術集会を含め本会の会務を総括する。
第13条 新理事の選出については、既に委嘱されている理事3名により正会員の中から推薦された候補者につき、役員候補選出委員会の審議を経て理事会に諮りこれを委嘱する。
第14条 理事は、理事会を組織し、必要な会務を審議する。
第15条 役員候補選出委員会は、前々期会長、前期会長、現会長、および次期会長の4名で組織される。委員会は、次々期会長候補を選出し、理事会に推薦する。

第5章 会議

第16条 会長は、年1回学術集会を主催し、議事総会および理事会等の必要会議を開催すると共に議長を務める。
第17条 議事総会では、役員、会計報告、事業報告等の承認を得る。
第18条 理事会は次の事項を審議する。
  1. 役員候補選出委員会で推薦された会長の承認
  2. 新理事の承認
  3. 必要に応じた各種委員会の組織
  4. 名誉会員の推薦
  5. その他事業に必要な事項の審議・決定
第19条 学術集会における発表は原則として会員に限る。

第6章 会計

第20条 本会の会計年度は、毎年学術集会の開催日より翌年の学術集会開催前日までとする。
第21条 本会の経費は正会員の会費、寄付金等をもって当てる。

第7章 会則変更

第22条 本会の会則および附則を変更するには、理事会出席数の3分の2以上の賛成をもって決定し、議事総会の承認を得る。

附則

  1. 会員は、各種会議(理事会、議事総会)に文書によって意見を提出することができる。
  2. 各種会議の議決は、出席者の過半数の賛成をもって行う。可否同数の時は議長の決するところによる。
  3. 本会の入会金は1,000円、年会費は8,000円とする。
  4. 会長が諸々の事情により職務を遂行することが困難な場合には,会長代理をおき職務を補佐させることができる。
  5. 理事は会員歴3 年以上で、65歳以下の者とし、適正数は会員の7%とする。
  6. 教授又は施設長以外から理事を推薦する場合には、業績を理事会で検討して決定する。
  7. 理事の推薦にあたって、推薦状および必要書類は、事務局を経由して役員候補選出委員会に提出する。
  8. 本会則は平成17年1月22日より施行する。


事務局
日本大学医学部脳神経外科学教室
〒173-8610
東京都板橋区大谷口上町30-1
TEL:03-3972-8111(内線:2481)
FAX:03-3554-0425
E-mailmed.teii@nihon-u.ac.jp

ページ先頭へ戻る

ご利用にあたって